重い人や立てない人を介助する方法

立てない人や重たい人を介助する時に、介助者に負担がかからない方法がありますので、ぜひ参考にして移乗介助を行いましょう。

人が立ち上がる時には頭の重さを利用する事で、お尻が上がりスムーズに立つことができますので、重心を意識して介助するようにしましょう。

一瞬なら立てるという場合には、介助者は片手を上から回して頭を下げるような状態を作り、足に力が入れられないという場合には、介助者が下から潜るように脇をくぐって、後頭部で相手の腕をひっかけるような状態で、膝を手で支えて移乗させましょう。

完全に立てない人を介助する際には、介助者は片膝を付けた状態になることで、頭の重さが利用しやすくなります。

介助のコツを知っていると、最小限の力で簡単に移乗介助を行うことができますのでオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る