床ずれを防止するポイントとは?

高齢者の床ずれを予防するためには、どんな事に気をつければ良いのでしょうか?

褥瘡は特に寝たきり状態の人が、体重によって体が圧迫されて血行が滞ったりする事によって発生して皮膚がただれたり赤みが出たりする症状で、床ずれとも呼ばれていますよ。

床ずれが起こりやすいのは背中側であり、特に後頭部や耳、肩甲骨や背骨、肩峰や肘、腸骨や仙骨、大転子や外果、膝や足の小指、踵などですが、人によって床ずれが発生する部位は異なるのです。

床ずれ対策としては、体位交換で寝返りを打ってもらったり、圧を分散させるためのエアマットレスを導入したり、通気性があるアイテムを活用したり、入浴や清拭で清潔な状態を保ち、バランスの良い栄養を摂取してもらうと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る