正しい食事介助、そのポイントとは?

正しい食事介助の方法を知って、安全に介助を行いましょう。

普段から車椅子を利用している高齢者への介助の場合、椅子に座るよりも姿勢を保つ事が難しく、飲み込みの際に力が入りにくいと言われているため、できるのであれば車椅子から椅子へ移乗して介助を行うと良いでしょう。

食事介助を行う前に、きちんと姿勢を正してもらい地に足を着かせて、顔が上方向を向いているなら顎が引いている状態でまずは水分を摂取してもらいましょう。

食事介助を行う際に、介助者は正面ではなく横側に座り、突然口元に食べ物を運んでもビックリしてしまいますので、どんなメニューがあるのか、どのメニューを食べたいのか聞いてから口に運ぶようにしましょう。

口に運ぶ量は多すぎても少なすぎても良くないので、ちょうど良い量を一口ずつ運びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る