車椅子の折り畳み方、広げ方

車椅子を外出先に持っていく場合には、殆どの方が畳んでから持ち運ぶと思います。
実はこの折りたたみと広げ方には正しい手順があるのをご存知でしょうか?今回はその方法をご紹介したいと思います。

まず広げ方ですが、まずある力を入れないでも開く範囲まで広げ、片方のハンドルを握って斜め上方向に引き上げ、どちらかのタイヤが地面から離れている状態にしてください。
そしたら、持っている方のお尻の方を手で抑え、体重をかけて開きましょう。

続いて閉じ方は、まず車椅子の後ろ側に立ち、広げる時と同じように片方のタイヤが挙がっている状態を作ります。
その状態で座面のシートの真ん中を引っ張るようにすると、タイヤの消耗も無く、また介護者の腰への負担も最小限で済みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る