介護で使える手すりの種類と使い方とは?

介護保険で手すりを利用する場合、介護リフォームで工事して壁などに手すりを取り付ける方法だけでなく、レンタルでも手すりを使用する事ができますが、どんな場所に取り付けるのが効果的でしょうか?

歩行が難しい高齢者には手すりを設置する事によって歩行補助ができますし、立ち上がる際の動作補助も期待できたり、歩行時の転倒を予防する事もできるのです。

レンタルならリフォームのような申請が必要なく、工事の必要もないため、手すりの設置と取り外しだけでなく移設もスムーズだと言われていますよ。

手すりにも突っ張り型や上がり框用手すり、据え置き型やトイレ用手すり、玄関用手すりなどの種類があります。

本格的に使用する前にお試しで手すりを使ってみる事もできますので、気になる方は福祉用具専門員に相談してみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る