福祉用具を有効活用しよう!

福祉用具は自力での歩行などが困難な高齢者が転倒などの危険を予防するために使用できる介助道具ですが、どんな風に活用する事ができるのでしょうか?

居住空間であれば、バリアフリーにリフォームをして段差を解消したり、手すりやスロープを設置する事によって歩行を安定させる事ができますし、高齢者が日常生活を送る上で動作が不安定でも安心して生活できるという事なのです。

福祉用具にも幾つか種類があり、歩行器は杖よりも安定性がありますが、両手で使用する事になりますし、自宅などで使う場合には方向転換の為のスペースが必要になりますよ。

また、安定性はあまりないけど動きやすい前腕支持式歩行器と、安定性があるけど移動する時に力が必要な交互式歩行器というタイプがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る