介護拒否されている時に口腔ケアを行う方法

介助が必要な高齢者や認知症の方で、人によっては介護を拒否する事がありますが、そういう人に対して口腔ケアを行う方法をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしましょう。

歯ブラシと水、ガーゼとそれを巻きつける割り箸、液体歯磨きを用意しますが、口腔ケアを行う前に高齢者の足や手などに触れたり会話をして体の緊張を解す事から始めましょう。

口腔ケアを行う事を伝えて、最初は歯の表側の下と上の歯から磨いていきますが、次に裏側の歯を磨く時には高齢者から噛まれないようにガーゼを巻いた割り箸を使うのです。

奥歯の後ろ側に触れる事によって口を開ける事ができるので、ガーゼ付きの割り箸を噛ませた状態で、高齢者の様子を確認しながら歯ブラシを使って磨いていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る