正しい歩行介助の方法

一人で歩くのが難しい方への歩行介助を行うなら、正しい介助方法について知っておく事が大切ですよ。

高齢者の前に立って両手を持った状態で介助するのは、高齢者の体が前のめりになって歩きづらいですし、不安定なのでバランスを崩して転びやすいという事です。

高齢者の横に立ち、脇の下を持ち上げて支えるという方法では、高齢者の体が不安定なので介助者だけでなく高齢者の体にも負担がかかってしまうのです。

体の機能を維持するためには歩く能力があるなら、歩いて移動する事が大切なのです。

歩く時には重心の位置が大切ですから、歩行の介助では高齢者の横に付いてく高齢者が転ぶのを防ぎましょう。

高齢者を持ち上げるのではなく、寄り添うようにサポートする事が大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る