杖なしで歩ける方への歩行介助の方法

片麻痺などにより杖無しで歩くことができる方への歩行介助を行うなら、介助は必要ありませんが転倒の危険性がありますので見守ることが大切ですよ。

麻痺側の後方で支えられる位置に立って見守るのですが、高齢者のスピードに合わせて歩きましょう。

足の筋力が低下していて手繋ぎでの歩行介助が必要な場合には、高齢者に介助者の腕を掴んでもらい、高齢者は相手の肘を下から支えながら立ち上がってもらいましょう。

立ち上がりが安定したら麻痺側の足から歩き出してもらい、介助者は足が邪魔にならないように足を引きながら歩きますが、脇を締めると安定感がありますよ。

前傾姿勢やフラつきやすい高齢者に対しては、横に付いて手繋ぎ歩行介助を行い、立ち上がりから歩行の時にも転倒に注意しながら介助しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る