食事介助の必要性とは

食事介助をする際には、心身機能が低下している方は食事や水分を摂取する時に噎せてしまう人も多いので気をつけながら介助する必要がありますよ。

食事中に噎せたことのある高齢者は食べることに対して不安や恐怖を感じている人もいるので、相手に不安を感じさせないように配慮して安心安全を心がけましょう。

普段は無意識的に食事をしているかもしれませんが、安全に食べるためには正しい姿勢が大切ですから、寝たきりなどで座位を保持するのが困難な高齢者もいるかもしれませんが、安定した姿勢を保てるようにしましょう。

誤嚥性肺炎は、食事を誤嚥して肺や気管などに入ることにより起こり得る症状ですから、それを予防するためにも介助者が気を配ることが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る