床ずれを防止するクッションの活用方法

寝たきりの人などベッドで横になっていることが多いという人に対して、床ずれを防止するための対策が必要ですから、体位変換にオススメのクッションをご紹介いたします。

上向きで寝ている方には、まず床ずれができやすい足にクッションを差し込んだり、肘にも圧がかかりやすいのでドーナツ型のクッションなどを活用して褥瘡を予防しましょう。

上向きの状態から横向きに体位変換する際には、まず手前に利用者さんの体を寄せてスペースを作り、膝や肩を押すようにして体位を変換しますが、背中や腰に圧がかかりやすいので長めのクッションを使いましょう。

体位変換を行う際には、服のシワを整えると褥瘡予防にも繋がりますよ。

もちろん踵部分にも平べったいクッションを敷いて圧がかからないような状態を作りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る