枕で床ずれを予防しよう

寝たきりの人や体を思うように動かせない人への介護では、ベッド上で床ずれを起こさないために介助を行い予防することが大切ですから、介護のポイントについてご紹介いたします。

骨が出っ張っているお尻や肘などの部位は、ずっと同じ体勢のままだと布団に接している面が圧迫されて痛くなり、最悪褥瘡を起こして酷いことになってしまいますから、隙間がある背中と腰の間などにクッションを入れて隙間を埋めてあげましょう。

面で支えることにより、体への圧迫や負担を和らげることができるので、寝心地も良くなり快眠することができるのです。

寝心地の良い枕の入れ方は、頭だけでなく背中に入れるという方法も効果的ですから、ぜひ介助の際にやってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る