床ずれを防ぐポジショニング方法

ベッドでのポジショニングは、睡眠中にベッドからの落下を防いだり、褥瘡の予防にも繋がりますので、寝返りが打てない方への介助の参考にしましょう。

寝る姿勢を直すために、介助用のクッションを介護される人の足元に用意したら、寝返りの際に腕を挟み込まないよう寝たままの状態で腕を組んでもらい、両膝を立てて手前へと横向きに寝返りを打たせて、床ずれを予防するために背中部分の服のシワを伸ばしましょう。

仰向けに戻る際には、背中部分に介助用のクッションを置いて、ゆっくりと背中をクッションに乗せるように体を傾けたら、両足を軽く持ち上げて、介助用のクッションを下に敷きましょう。

さらに、膝の間にクッションを入れて完了ですが、それぞれの動作で声がけを忘れないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る